AUTOCity 3DCG Database

ADAS、自動運転AI、車両挙動を仮想環境で検証するために、Unreal Engine4をベースにバーテックス株式会社が独自開発した 3DCGデータベースです。

内容

AUTOCity が自動運転機能のテスト、検証、妥当性確認を効率的に行うための正しいワークフローをユーザーに提供するために、コンテンツの構造の命名規則は PEGASUS method SP3 layers criteria に基づいています。

PEGASUS Method は、次の6つの独立したレイヤーを使用してシナリオを体系的に説明するためのモデルを定義します。

layer 1

アセット

PEGASUS Method

SP3

AUTOCity が自動運転機能のテスト、検証、妥当性確認を効率的に行うための正しいワークフローをユーザーに提供するために、コンテンツの構造の命名規則は PEGASUS method SP3 layers criteria に基づいています。

アセット

layer 1

AUTOCITY 3DCG DATABASE 活用用途

AUTO City 3DCG databaseはPBR(物理ベースレンダリング)かつリアルタイムで動作するように最適化されており、様々なシミュレーション用途で活用する事ができます。

AUTOCity が自動運転機能のテスト、検証、妥当性確認を効率的に行うための正しいワークフローをユーザーに提供するために、コンテンツの構造の命名規則は PEGASUS method SP3 layers criteria に基づいています。

PEGASUS とは “Project for the Establishment of Generally Accepted quality criteria, tools and methods as well as Scenarios and Situations”(一般的に受け入れられる品質基準、ツール、手法、およびシナリオと状況の確立のためのプロジェクト)です。その目的は、高度に自動化された運転機能を検証するための新しい手法を研究することであり、後述のシリーズ開発のブループリントとなることを目的としています。

PEGASUS Projectのより広範な紹介はここにあります。 こちらからPEGASUS Projectの公式サイトをご覧ください。

AUTOCityの各レイヤーに配置されるアセットは、道路シナリオを体系的に説明する6つのレイヤーに従います。

AUTOCity 3DCG Databaseのデータ構造

layer 1

road geometry

road decals

autocity_demo_roadrunner_04.png

layer 2

buildings

road props

buildings.jpg

layer 3

layer 4

pedestrians

vehicles

temporary road props

road sign.jpg
autocity_demo_roadrunner_03.png

AUTO City

3DCG Database

layer 5

lighting

layer 6

cone.jpg
pedestrian.jpg
bus_edited.jpg