現在の自動車は、「走る、止まる、曲がる」以外に「見る、測る」など、従来は運転者が判断したことを先進運転支援システム(ADAS: Advanced Driving Assist System)が支援することで、車はより安心・安全な乗り物となります。この支援システムは「見る、測る」を車載カメラやレーダー等の各種センサを用いて状況判断をし、より高度に安全・安心を支援することが求められています。

そのため、システム開発者はその支援技術を視覚的に、かつリアルタイムに支援システムの状況判断が適切に検証できることが重要となっています。バーテックスは、先進運転支援システムを実撮影されたデータ以上に検証できるバーチャル環境を提供します。

 

人間が感じるリアル以上のリアル

自動車産業のプレイヤーは自動車メーカ(OEM)、1次サプライヤー(Tier1)、2次サプライヤー(Tier2) そして「見る、測る」のセンサーメーカがADASの制御システム開発、その先にある自動運転に向けた 安心・安全を実現するために、自動車の運転や道路状況、潜在する危険の顕在化、交通状況などの膨大な 実走行データを収集しています。

膨大な実走行データと機械学習やディープラーニングの手法を用いることで、 自動運転のための制御システム(ドライバーモデル:AI)を最適化することが できます

しかしながら、この膨大な実走行データをもってしても、 各種センサーによる性能限界の見極めをすべての時系列変化に対して実証することは 極めて困難であるということです。

 

UE4を用いたフルCG映像のDeep Learning認識結果

 

ソフトウェア環境開発 × リアルなバーチャル映像

バーテックス株式会社( VERTechs.Inc )は、高い安全性と信頼性が求められる自動車や産業機器向けに最適なソフトウェア開発環境を追及・提供することに豊富な経験を持ち、自動車業界との太いパイプを持つ株式会社アドバンスド・データ・コントロールズと、映画・CMで多用するコンピュータグラフィックスおよびゲームエンジンを用いたリアルタイムレンダリング技術で数多くの先鋭的な実績と卓越した技術力でリアルなバーチャル映像を創造し続ける株式会社wiseの出会いにより設立された会社です。

会社名       バーテックス株式会社

住所        〒106-0047 東京都港区南麻布4丁目5-48 フォーサイト南麻布

代表        尾小山 良哉

TEL        03-6450-3556

お問い合わせ    sales@vertechs.jp

Map

Download

AUTOCity Japanese

AUTOCity English