ADASをはじめとした支援システムは、車載カメラやレーダー等などの各種センサに支えられており、現状それらの機能検証の多くは実際の走行テストや撮影画像・収録データによって行われています。センサーを中心とした認識と AIによる制御が組み合うことによって実現する自動運転ではさらに膨大な検証スコープが必要になることは明白ですが、実在のシュチュエーションで走行映像や空間データを所得し検証を行うことは非常に難しいと言わざるえません。我々バーテックス社は最もスピードが求められるこの領域においてクライアントが開発にフォーカスできるため、走行テストに最適化されたコントロール可能なバーチャル環境を提供します。

機能

無限のバリエーションを生み出す、AIに最適化されたCGデータセット

道路、車、標識、信号機、路面表示など、自動運転技術の研究開発に必要なオブジェクトの“基本アセット”と“コンフィギュレーション可能なアセット”をパッケージしたCGデータセットです。これらの“基本アセット”と“アセットコンフィギュレーター”を用いることで、膨大な交通シナリオのスピーディーな作成を可能にします。また、通常のCGデータとは異なりAI検証に最適化されているため、テスト環境としてだけではなく、学習データの作成環境としても非常に有効なデータセットです。

AIの機能検証と学習データの生成

AUTO Cityを用いて作成したヴァーチャル環境では、様々な学習データ生成が可能になります。セマンティック・セグメンテーションやデプスマップなど、深層学習に最適なアノテーション情報を自動生成する事が出来、さらにV-CAR Simulation を併用することによって、自動運転車の Camera in the loop での仮想空間内検証を実現いたします。

AIの動作検証において、実写撮影素材を認識したとほぼ同じ挙動を確認できています。またこの環境で制作された教師データを使用した学習効果の向上も実証しています。(協力 富士通株式会社 様)

 
 

VERTechs

AUTOcityで広がるVERTechsのサービス

AUTO City を用いて強化学習用エンバイロメントを生成する事により、低コストで、且つスピード感を持った研究を進めていただくことが出来ると考えます。また、天候条件や人間の挙動などの画像認識における問題点のピンポイントな洗い出しや、その問題に注視したシナリオの作成、実際に車載しているカメラセンサー情報のCG環境内への再現、LiDARセンサなどのフュージョンセンサ環境の構築など様々なニーズへの柔軟な対応もさせていただきます。

バーテックス株式会社( VERTechs.Inc)は高い安全性と信頼性が求められる自動車や産業機器向けに最適なソフトウェア開発環境を追及・提供することに豊富な経験を持ち、自動車業界との太いパイプを持つ株式会社アドバンスド・データ・コントロールズと、映画・CMで多用するコンピュータグラフィックスおよびゲームエンジンを用いたリアルタイムレンダリング技術で数多くの先鋭的な実績と卓越した技術力でリアルなバーチャル映像を創造し続ける株式会社wiseの出会いにより設立された会社です。

 

お問い合わせ

お問い合わせにはこちらのフォームをご利用ください:

バーテックス株式会社

TEL      03-6450-3556

mail     sales@vertechs.jp 

URL      http://vertechs.jp/

商品紹介URL http://vertechs.jp/autocity